夏の夏バテ対策(冷えと貧血)

2018年08月2日

皆様こんにちは!さくら整骨院です🌸

全国的に猛暑が続きますね、皆さん体調はいかがでしょうか?

夏はその暑さにより健康を害するニュースが多いですよねえーん

 

特に皆さんお昼の気温を気にされているかもしれませんが、実は一番問題なのが

夜の気温なんです。

クーラーをずっと付けたままで寝る方も少ないと思いますが、クーラーが切れた締め切った部屋はとても危険です…

 

対策としては、

寝るときはクーラーをつけたまま、もしくは起きる直前までつけておくこと

枕にアイスノンや氷枕をして寝ること

これをするだけでもリスクが下がりますので、皆さんも気をつけて下さいね。

私もこまめに水分補給することを心がけてています(^^♪

そして暑さが続くとだんだん身体がバテてきます。

 

夏バテと貧血

貧血は体質によるものと思われがちですが、夏場の貧血は誰にでも起こる可能性があります。

暑い日に目の前がクラっとなったことがありませんか??

これは発刊により体内のミネラルが失われ、栄養が不足している状態です!

室内と外の温度差で酸素が回らなくなるのも原因のひとつなんです。

夏バテといえば、水分や塩分を摂ると定番化されていますが、、もう一つ重要なのが鉄分なんです。

鉄分は汗と一緒に流れ出てしまう成分の一種です。鉄分は血液中の酸素を運んでくれる役割をしています。鉄分が少なくなると酸素がわたらなくなってしまうんです(; ・`д・´)

 

夏バテと冷え

猫背矯正イラスト

夏バテとセットで起こるトラブルとして冷えがあります!

暑い夏は、体温調節のために汗が出ますよね。汗をかくと体表温度はかなり下がります。。

その状態でクーラーの効いた部屋に薄着のまま入れば身体はさらに冷え、冷気が身体の芯まで入り込み深部体温が下がってしまい、結果的に免疫力が低下してしまうのです!

身体が暑いと感じているときはついつい冷たいものを食べたくなってしまいますが、食べ過ぎは冷えの促進にもなってしまいます。。

でも暑いときは冷たいものがどうしても欲しくなる…

身体を冷やすと深部体温が下がってしまう…

では、下がってしまった深部体温はどのように回復させればよいのでしょうか?

理想なのは岩盤浴などの遠赤外線でじんわりと体の奥を温めることですが、

自宅でできる対策としてはズバリ入浴です!

入浴は日常生活で最も岩盤浴に近いと言われております。

夏は暑いからといってシャワーではだめですよ(; ・`д・´)

 

入浴の仕方としてはぬるめのお湯(38度から40度)にゆっくりつかることで筋肉の緊張をとっり、リラックス!

神経がリラックスモードに変わるには10分間以上の入浴をおすすめします(*^-^*)

暑い場合は半身浴、冷えたタオルをおでこに当てると気持ちがいいですよ(#^^#)

 

暑いと感じていても、身体は自分で思っている以上に冷えていることが多いので気を付けていきましょう☺

時間外予約できますので気軽にお問合せくださいね。

TEL 052-912-9300 (予約制)



名古屋市北区 さくら整骨院|施術の流れ

  1. 1.来院

    さくら整骨院の問診写真

    保険証を受付に提出してください。初診時は40 ~ 50 分ほどお時間をいただきます。

  2. 2.問診

    さくら整骨院の検査写真

    お困りの症状、思い当たる原因などを、なるべく詳しくお話しください。 痛みの原因・施術内容について納得いくまでご説明させていただきます。

  3. 3.施術 さくら整骨院の説明風景写真

    患者さまそれぞれの症状に合わせて確実で安全な施術をさせていただきます。

  4. 4.施術後

    さくら整骨院の施術写真

    施術後の身体の状態や、次回の来院のタイミングなどをお伝えいたします。

  5. 5.サポート

    さくら整骨院の説明風景写真 定期通院が必要な方は、痛みの回復に沿った施術を行いますのでご安心ください。
  6. 6.お大事に!

    さくら整骨院の集合写真

    笑顔で帰っていただけますように! お大事に