プロテクノEXE

様々な効果を体感!

神経と筋を再生することによって、身体を様々な悩みから解き放つ

「プロテクノEXE」は、神経と筋を同時に再教育することをコンセプトに開発されました。
普段使われていない筋肉を刺激し、神経がその刺激を脳に伝えることでその筋肉を使うように認識させることにより、神経痛・肩こり・膝痛・腰痛などの緩和から筋肉の引き締め、基礎代謝量の向上、血液循環の改善(毒素排出)、身体の歪みの矯正、自律神経の正常化などを効率的に促します。

また、「プロテクノEXE」は医療、スポーツ、美容など幅広い分野で高い評価を受けています。
医療分野では脳卒中患者の手足麻痺のリハビリ、メタボリックシンドローム対策生活習慣病の予防などにも用いられ、
スポーツの分野ではプロスポーツ選手の故障部位の治療、筋力強化、コンディショニング等の目的で使用されています。
美容分野では痩身をはじめフェイシャル、むくみの解消などの用途で使用されています。

ただし、この機械を受けられない方等いますので詳しくは、スタッフまでお尋ね下さい。

 

電気刺激による筋肉収縮運動によって、ウエスト・ヒップ・二の腕・太ももの引き締め、上・下半身太り、足のむくみ、肩こり、腰痛に効果的!

プロテクノEXEは、EMS(筋肉に対する電気刺激)により内臓を支えているインナーマッスルを鍛えることで、体の安定性を向上し、症状の予防・改善を促とともに、腹部の筋肉が天然のコルセットの役割をはたし、くびれのある美しいウエストラインを作ることができます。

また筋肉と同時に筋膜(体全体にくもの巣のように張り巡らされている組織)ECM(細胞外マトリックス:細胞と細胞の隙間を埋める物質)に対するトリートメントも行います。緊張して体のバランスを崩してしまっている筋膜に対しトリートメントを行い緊張を和らげ、細胞の働きを正常化し、体をバランスのいい状態に保つことができます。
筋膜・ECMのトリートメントによりハリのある肌、イキイキしたお顔を手に入れていただけます。

 
 
 

深層筋を鍛えて脂肪が燃えやすい身体に

従来の機器では電気の波形により、表面にある筋肉までしか作用しませんでしたが、PNFは体の深部にある筋肉(インナーマッスル)にまで働きかけることができるようになりました。この深層筋と表層筋を同時に鍛えることで効率よく内臓脂肪を燃やします。

体の歪みを解消し、内臓の働きを正常に!

筋肉や関節・背骨に電気を流し、バランスを整えることで正しい姿勢や歩き方を再教育。体に歪みがなくなるので内臓の働きも正常に。

細胞を活性化させ、基礎代謝量をアップ

特殊波形電気刺激により体を細胞レベルで活性化。基礎代謝がアップし、カロリーを消費しやすい体になります。

血液の流れをよくし、体の毒素を排出(デトックス効果)

お腹の筋肉の活性化は、腰痛を取るだけでなく、呼吸を楽にし、血液中の酸素の量を増やし、血液の流れがよくなります。同時に、余分な水分や老廃物も排出するリンパ液の流れもよくなるので、むくみのない締まった体になります。

自律神経を整え余計な食欲をコントロール!

血液・リンパ・体液の流れが改善し、自律神経が整うことにより、様々な不調が解消されます。また、成長ホルモン(いわゆる若返りホルモン)が分泌され、余計な食欲をコントロールできるようになります。

高い鎮静効果で体の悩みを解消

低周波・中周波・高周波を組み合わせたトリニティウエーブが直接神経まで届き、刺激を与えます。ヘルニアや腰痛、むち打ちなどの施術・リハビリに最適です。慢性的な関節リウマチなどにも効果を発揮します。

 

プロテクノEXEと従来の電気刺激とはここが違う

低周波は表面(2cm)、中周波でも体内2cm~5cmまでしか刺激が届かない。
刺激が強いので出力をあげられない。

高周波の成分が中周波、低周波の成分を最大15cmと深部まで送り込むため、筋肉全体が収縮する。
刺激感が非常に少ない。

従来の電気機器は低周波、もしくは中周波が多く、低周波で約2~3mm、中周波でも体内2cm~5cmまでしか刺激がとどきません。表層筋程度の刺激のため、ぴりぴりと痛みが鋭く、表層のみの運動なので中まで動かず長時間使うと、皮膚の炎症や痛みがでてきます。

プロテクノEXEは、刺激が少なく深くまで浸透する特殊波形「トリニティウェーブ(国際特許)」を出力します。
<低周波><中周波><高周波>を含んだマルチパルスが、皮膚の痛みなく体の深部最大15cmまで届き、関節、神経に働きかけ、なかなか取れにくい頑固な痛みを和らげます。また、動きにくくなった関節をゆるめて、自由な関節の動きを取り戻し、インナーマッスルを強化します。

EMS(筋肉に対する電気刺激)とePNF(固有受容神経促進法)の働き

EMSとは、電気によって筋肉を刺激して他動的に収縮、運動させる手法です。また、ePNFとは筋肉や関節などに存在するセンサー(固有受容器)を電気によって刺激して促進(脳との情報伝達を促す)させる手法です。プロテクノEXEは、この2つの手法を同時に行える最先端施術です。
※PNF(固有受容性神経筋促通法)とは、一流のトレーナーがプロの選手に行っているトレーニングやリハビリ方法です。

通電時のEMSとePNFの動き

EMS

  • ①機械から電流が流される
  • ②電流に反応し筋肉が収縮する

ePNF

  • ③筋肉に受けた刺激が脳に伝わる
  • ④脳が刺激と筋肉を認識する
  • ⑤神経回路が太くなる
  • ⑥以前より命令しやすくなる

EMSとePNFの効果

1.筋が強化される

電流の強度にもよりますが、電気刺激による筋の収縮によって部位の筋を強化することができます。自動で行える点や鍛えにくい深層筋を簡単に強化できる点などがメリットです。これはEMSの作用です。

2.筋が動かしやすくなる

筋に加えられている強い刺激によって、脳と筋肉を結ぶ神経伝達が効率化されます。効率化された神経伝達によって筋肉はより効果的に動かすことができるようになります。このePNFの働きは『神経と筋の再教育』と呼びます。

3.筋出力の上昇

電気刺激によって脳に認識しなおされた筋は、従来に比べて運動時の筋繊維の動員数(働く数)が上昇します。このePNFの働きは『筋のリクルートメント』と呼びます。

コア(体幹筋)とは

体幹筋とは、文字どうり体の体幹に位置する筋群で、主に胴体部の深層筋を指しています。体全体のバランスや呼吸、姿勢などを制御する上で非常に重要な働きを持っています。コアの中でも「バルーンユニット」と呼ばれる腹腔を覆うように存在する筋群は、呼吸、姿勢制御、体全体の動作などに非常に大きな影響を与えることで知られています。

コアを鍛えるメリット

バルーンユニットを構成する4つの筋群

1.代謝が良くなる

主要なコアであるバルーンユニット(右図)の働きが良くなると、呼吸量が増え体の基礎代謝が上がります。

2.姿勢が良くなる

腹横筋は背骨のS字カーブを支え、骨盤を安定させる重要な筋肉です。腹横筋を鍛えることによって、背骨がまっすぐ伸びて、骨盤を正常な位置に保ことができます。

3.体の動きが良くなる

体の動作は、最初にコアが動くことで始まります。コアが鍛えられることで、体全体の運動パフォーマンスが向上します。また、柔軟性も高まり障害が起きにくくなるのです。

プロテクノEXE治療器の多彩な出力導子

プロテクEXEには、形状と効果の異なる4種類の導子を用途に応じて使い分けることで、効果的なトリートメントを行うことができます。

カップ吸引

湿性のスポンジを装着したカップ型の導子です。背部、腰部、大腿部など面積の広い部位の通電に。吸引の手もみ機能によりマッサージ効果も。

粘着パッド

粘着性の接着面を持つ貼り付け型の導子です。カップ導子の使用しにくい面積の小さい部位に。外れにくいため、運動を伴う通電にも。

プローブ

導電性に優れた2つのヘッドがピンポイントで部位に電流を流します。痛みに対する施術や、デリケートな部位の通電に。

グローブ

収縮性のある導電繊維により作られたグローブ型の導子です。手技と併用することで電気施術との相乗効果を期待することができます。

 

フェイシャルコース 

完全予約制

プロテクノEXEによる筋膜調整ECM(細胞外マトリックス)の

トリートメント効果によりハリのある肌

イキイキしたお顔を手に入れて頂けますよ。

 

施術効果

神経痛、肩こり、膝痛、腰痛などの痛みの緩和

美容効果

筋肉の引き締め、筋力強化・脂肪燃焼、基礎代謝の向上、血液循環の改善、毒素排出、身体の歪みの矯正、自律神経の正常化

 

患者様の声タイトル

患者様の声へのリンク

施術の流れタイトル

施術の流れ画像